【硬式野球部】 惜しくも敗れる

 9月20日、阪神甲子園球場に於いて行われた関西学生野球六大学秋季リーグ対関大1回戦。投手戦となり、緊迫した試合展開が続いたものの、関学は延長10回表に本塁打を許してしまい1-2で関大に敗北した。
関大 000 010 000 1=2 H6 E2
関学 000 001 000 0=1 H8 E0
関大:伊勢―田辺
関学:坂戸、山下―米川
 1回、先発・坂戸圭介(社4)は、立ち上がりが不安定だった。先頭打者に死球で出塁を許し、続く打者に犠打を決められ1死二塁としてしまう。さらに3番・橋本には四球を出してしまい尚もピンチが続く。しかし、4番・橋本、5番・田辺を打ち取り初回を無失点に抑えた。その裏、先制点が欲しい関学であったが関大の先発・伊勢から安打を奪えず三者凡退に倒れてしまう。関学に好機が訪れたのは、3回であった。7番・大西浩平(社2)中前に安打を放ち、続く米川千貴(商3)がきっちりと犠打を決めて1死二塁。そして、9番・坂戸が中前に安打を放ち一、三塁となる。さらに、1番・檪浦大亮(経1)が四球で出塁し一死満塁の好機。しかし、その後二者連続三振となってしまい、この回は無得点に終わった。
 5回に、関学はピンチを迎える。関大に、2死から左前安打と内野安打で一、二塁。さらに、四球で満塁としてしまう。どうしても抑えたい場面であったが、坂戸の投球が乱れ、押し出しで先制点を許してしまった。1点を追う形となった関学は6回に反撃を見せる。3番・越智英貴(社1)が内野安打で出塁。そして、関大の失策で1死一、三塁の好機。そして、6番・宮崎翔(社4)の内野安打で同点に追いついた。
 試合は、両者譲らない展開が続きそのまま延長へ。試合が動いたのは10回だった。坂戸は、関大の4番・山地に本塁打を打たれ、貴重な1点を奪われてしまう。その後は坂戸に代わりマウンドに上がった山下光(経2)が抑え、勝敗の行方は攻撃陣に託された。1点追いつこうと意気込む関学。代打・南村圭哉(商4)が右前安打を放ち出塁し、檪浦の犠打で2塁へ。得点圏まで走者を進め、一打同点の好機。しかし、最後は三振となり、1―2で敗北を喫した。
試合後のコメント
清水監督
「なんとも言えない試合だった。しかし、坂戸は良かった。(試合後半も)ずっと坂戸でいこうと思っていた。だが、守りの時間が長かった。明日は頑張らないといけない」
主将・宮崎翔(社4)
「エンドランの失敗が大きかった。そのようなミスが勝負をわけるのでしっかりとやることが大事だ。チームとして3点を取るのを目安にしているので、バントやエンドラン、走塁なども絡めて点を取りにいきたい。明日は負けたら終わりなので、全体を通して終わった時に勝っているようにしたい」
同点となる適時打を放った有木孝広(商3)
「勝つことだけを考えて打席に入った。ベンチ、スタンドの応援してくれている人の気持ちで打つことができました。今日は気持ちと気持ちの勝負だったが、相手のほうが1つ上だった。明日も応援して下さっている方に感謝して、勝てるように頑張るのみです」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です