【軟式野球部】 同大に連勝

 9月14日、関学第3フィールド野球場に於いて行われた関西六大学準硬式野球秋季リーグ戦第1節2日目(対同大)。昨日の第1戦を6−1で勝利した関学は、今日も4−3で勝利を収め、リーグ戦開幕から4連勝を飾った。
同大 300 000 000 =3 H6 E3
関学 030 000 10× =4 H10E1
(関学) 内垣−石田
 昨日同大に快勝し勢いに乗る関学。しかし、今日は初回に先発内垣(文3)が崩れ3点を追う展開となる。だが、打線がすぐに反撃を開始する。2回に7番田中啓(法3)のタイムリーなどヒット5本を集中させて3点を奪い、あっという間に試合を振り出しに戻した。その後は内垣も本来の投球を取り戻し、同大打線から凡打の山を築く。5回には満塁のピンチを招くが、落ち着いてライトフライに打ち取り得点を与えない。そして7回、関学は2死二、三塁から4番西尾(経3)がセカンドへのタイムリー内野安打を放ち、貴重な勝ち越し点を奪った。8、9回は内垣が一人のランナーも許さない完璧な投球を見せゲームセット。これで関学は開幕から4連勝を飾り、秋季リーグ戦2連覇へ好スタートを切った。
試合後のコメント
主将・廣橋(社3)「同大は前評判もよかった。そのチームに昨日快勝できて、チームの自信につながったと思う。今日も3点先制されたけど、しっかりと逆転できた。内垣も初回は点を取られたけど、2回からはあいつらしい投球をしてくれたので、安心して見ていられた。連戦で疲れもたまっているが、集中力を保っていいリズムで次の立命大戦に臨みたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です