【バスケットボール部女子】 3連敗、いまだ闇晴れず

 9月14日に東大阪アリーナで行われた関西女子学生バスケットボールリーグ戦。関学は立命大と対戦し、54-99で敗れた。
 今季1部復帰を果たした関学だが、関西のトップリーグのレベルはやはり高く、3戦を戦い未だ勝ち星はない。厳しい状況ながらも試合中の好プレーは幾度も見られる。よっていかに流れを作り、関学のリズムで試合を組み立てらていくかが今後の課題となりそうだ。
試合後のコメント
主将・木本麻衣(文4)「リーグは今日で終わりではないので一戦一戦きっちり戦っていきたい。しかし今日の負け方はよくない。いいプレーは出ているので、プレーの波をなくしていかないと」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です