【硬式野球部】 近大に逆転負け

 9月13日に行なわれた関西学生野球六大学秋季リーグ対近大1回戦(於・スカイマークスタジアム)。関学にとっては今日が今季初戦となった。その関学は5回裏に越智(社1)の適時中前打で先制。だが終盤に逆転を許し、1-4で敗れた。
近大 000 001 021=4 H11 E2
関学 000 010 000=1 H 1 E0
近大:巽―柴立
関学:坂戸、岸、石田、山下―久恵、米川
 今リーグ初戦の相手は今春優勝の近大。近大の好投手・巽をどう打ち崩すのか、注目の一戦が始まった。関学の先発はエース・坂戸圭介(社4)。1回表から2者連続で三振を奪うなど、文句なしの立ち上がりである。3回表には安打と犠打で得点圏に走者を進められるが、その後をきっちりと抑えた。また4回表にも一死満塁のピンチを迎えたが、後の打者を断ち、この回も無失点できり抜けた。
 先制点が欲しい関学は4回裏、この回先頭の江崎亮(文3)が失策で出塁。一死となるも宮崎翔(社4)が四球を選び、一、二塁となる。続く打者は久恵将之(商3)。その初球に重盗を仕掛けるが成功とはならず。久恵も二塁へのゴロとなり、この回は無得点に終わる。今度は5回裏、一死から坂戸が四球で出塁。続く檪浦大亮(経1)が犠打を決め、走者を確実に進める。そして打順は1番にかえり、越智英貴(社1)が左打席に立つ。巽の初球を捉え、中堅へと抜けていく。これで二塁走者の坂戸がかえり、チーム初安打が先制の適時打となった。
 待望の先制点を挙げた関学だったが、6回表に同点とされる。さらに8回表。この回から登板した岸敬祐(商4)だったが中前打を打たれ、犠打で進められる。すると近大の4番・溝端に右中間への適時三塁打を浴び、勝ち越しを許す。この後二死とするが、さらに右前適時打を浴び、点差を広げられた。9回にもスクイズで1点を追加された関学。どうにか反撃したい最終回だったが、粘ることができず三者凡退で試合終了となった。近大相手にリーグ初戦を白星で飾ることはできなかった。
試合後のコメント
清水監督「残念だ。2アウトからでもランナーをセカンドへ送らないといけない。しっかり練習したができなかった」
主将・宮崎翔「四球やエラーでチャンスをつくれたが点を取れなかった。後半での1点が大事。相手よりも先に取ることが大事だと思う」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です