【バスケットボール部男子】 関大に勝利し、春の雪辱果たす

 9月13日に東大阪アリーナで行われた関西学生バスケットボールリーグ戦。関学は関大と対戦し、81—76で勝利した。
 1Qこそ関大に先行される展開だったが、ゾーンディフェンスがうまく機能したのをきっかけに流れは関学に傾く。しかしゲームは混戦模様に。最後まで競り合うハードなゲームのなか、終盤に投入された石橋(社3)記(社3)の連続3Pがさく裂し、関学の勝利を決定付けた。春の関関戦の雪辱が叶い、チーム内のフラストレーションを解消したバスケ部。好調を維持し、一気にインカレまで駆け抜ける。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です