【ラクロス部女子】 リーグ第2戦目、辛勝

 9月7日、浜寺公園第二球技場に於いて行われた第19回関西ラクロスリーグ戦(対大阪大谷大学)。前半、AT渡邊(商4)が先制点を決めるも、関学はそこから流れを作れない。フリーシュートで追加点を上げるが2-1と勢いをつけられないまま試合を折り返す。後半、大谷大に連続で得点を許してしまい、関学に暗雲が立ちこめる。焦りから関学はボールをうまくキープできないでいた。その流れを断ち切るようにAT上坂(法4)がゴール前でパスを受け取り、得点を上げる。その後も関学は得点を決めるが、パスミスなどが目立ち思うように攻めきれず5-4で辛勝した。
試合後のコメント
主将・桑田(文4)「まず相手を気持ちで圧倒することができなかった。相手のディフェンスのプレッシャーで思うようにボールをキープできずにいた。だが、勝利しさらに1歩進めたことは大事。自分たちのメンタルをさらに鍛えます」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です