【軟式野球部】 塩澤1安打完封!初戦突破/全日

 8月30日、香川県営第二野球場に於いて行われた第60回全日本大学準硬式野球選手権大会(対久留米大)。関学は初回から先制し、その後も得点を重ねた。また守備面では、塩澤(商3)が9回を1安打無失点に抑える素晴らしいピッチングを見せ、4-0で勝利した。勝利の原動力となった塩澤
関学    200 001 001 =4 H5 E1
久留米大 000 000 000 =0 H1 E3
(関学) 塩澤-斎本
 春季リーグ戦は苦戦を強いられながらも、チーム一丸でブロック大会を制し、全日出場権を手に入れた関学。そして今日、いよいよ全日開幕の日を迎えた。
 初戦の相手は、九州の強豪・久留米大。何としても先制点を奪って、試合を優位に進めたいところだ。その関学は1回、四球と相手のエラーにより、2死二、三塁と絶好のチャンスをつかむ。この場面で5番村田(文4)がレフト前へ鮮やかにはじき返し、走者2人が生還。貴重な2点タイムリーで、初回に大きな先取点を奪う。3回にも2死満塁と追加点のチャンスが訪れるが、6番斎本(商4)の痛烈な当たりは相手ショートにうまくさばかれ、追加点とはならない。その後、点を取りあぐねていた打線だが、6回に主将・杉原(経4)のレフト前タイムリーで1点をもぎ取った。味方の援護にこたえ、先発した塩澤(商3)も快投を披露。四球で走者は出すものの、要所で併殺を奪うなど粘り強いピッチングでスコアボードに0を並べていく。試合前の円陣
そして迎えた最終回、ここまで久留米大に許したヒットは0。ノーヒットノーランの期待が高まる。大事な先頭打者。はじき返された打球は、塩澤のグラブをかすめショート久保田(経4)の元へ―。懸命の送球を見せた久保田だったが、間一髪のタイミングで一塁はセーフ。大記録は幻に終わった。しかし、後続をしっかりときってとり見事な1安打完封勝利。その左腕が、チームに3年ぶりの全日1勝をもたらした。
 明日は、愛媛大学医学部との対戦(9:00~@サーパススタジアム)が待っている。悲願の日本一へ、関学ナインは一歩ずつ栄光への階段を駆け上がっていく。
試合後のコメント
主将・杉原「初回の先制点が本当に大きかった。あそこで取るのと取らないのでは大違い。だが、徐々に打線が淡泊になったのは次への課題。(自身のタイムリーは)打った瞬間ヒットになるとは思っていなかったが、打ててよかった。明日も初回から自分たちの野球をやって、しっかりと戦いたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です