【ヨット部】 関西制覇!女子インカレ2連覇へ好発進!

 7月13日、新西宮ヨットハーバーに於いて行われた関西学生女子ヨット選手権大会。増川美帆(経2)が関西制覇し、9月に行われる第17回全日本学生女子ヨット選手権大会への出場を決めた。
 今大会では4レースをこなし、上位3位以上が9月に行われる全日本学生女子ヨット選手権大会の出場権を得ることが出来る。
 昨年の女子インカレで日本一となった増川美帆(経2)と初出場となる大内聡子(社2)組。まだ、ペアとして経験が少ない二人。しかし春季新人戦を始め、5月から試合が多く、2人で艇に乗って練習を始めたのは大会の2週間前であった。練習は十分とはいえない中、彼女たちは日本一を見据えてレースに臨んだ。
 レース当日は天候にも恵まれた。第1レース、彼女たちの前には関大が走っていたため、2位でレースを展開。そして第3マークを回り、フィニッシュへと向かう直線で2人は関大を抜き1位に踊り出た。好スタートを切った2人であったが、第2レースからは強風が吹きスタートで出遅れ、3位に順位を落とす。第3レースでは奮起し、1位でフィニッシュ。最終レースでは、今まで以上に風が強くなり、彼女たちはヨットの体勢を立て直すため体力を要することとなった。まだ経験の少ない大内にとっては厳しい状態が続く。そんな中、経験者の増川が「頑張れ!」と大内を励まし、2位でレースを終えた。接戦となったが、増川・大内組は1位で全日本学生女子ヨット選手権大会への出場を決めた。増川は「連覇へのプレッシャーとか不安とかは言っていられない。優勝に向け頑張っていきます」と力強く語った。大内は「もっと自分で出来ることを増やしたい。連覇出来るように不安を打ち消すくらい練習を頑張っていきます」と優勝への意欲を見せた。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です