【ボクシング部】 1部昇格届かず

 7月6日に行われた関西学生ボクシングリーグ戦1部入れ替え戦(於・関西大学ボクシング場)。関学は桃学大と対戦し、健闘を見せたものの4ー5で惜しくも敗北。1部昇格は来年へ託された。
 関学ボクシング部が待ち望んでいた試合―1部との入替戦がついに訪れた。対戦相手は桃学大。長年の夢、1部昇格を果たすべく戦いは火蓋を切った。
 1戦目はライトフェザー級の今村(経4)。お互いをうかがい、スローペースで始まった。だが後半は相手のペースに支配され、ダウンを取られてしまう。結果はRSC負け。続くフライ級の岡竹(文4)は第1Rは緊張していたものの、徐々に本来のペースを取り戻す。すさまじい応援を背に、相手を圧倒していく岡竹。最終Rではダウンを取り、見事白星を勝ち取った。
 この流れに乗っていきたい関学だが、やはり1部の壁は厚かった。3階級連続のRSC負けを喫し、もう後がない。部員の期待を一身に背負い登場したのが主将・肥田(文4)。リングは緊張に包まれていたが、肥田はひるむことなく自分のボクシングを披露した。ところが、第2Rでまさかの負傷、流血してしまう。続行を臨んだ肥田だが、無念のストップ。この時点で関学の1部昇格はなくなった。だが残るウェルター級の國方(商4)、ミドル級の井上(社3)が奮闘し、勝利をつかむ。4―5と非常に惜しい敗北となった。
試合後のコメント
主将・肥田「ポイントは取れてたし、勝てたはずだった。後輩たちにはけがだけは気をつけてくれと言いたい」
岡竹「入替戦までずっとワンツーの練習をしてきたので、試合でも出せてよかったです。一昨年の入替戦は2―7だったので、対等に試合できるようになったと感じました」
一原監督「作戦ミスですね。5―4ぎりぎりで勝てるオーダーを組んでしまったので。あとは練習が足りなかった。意味のある練習をしていかないと」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です