【陸上競技部】 西日本インカレ、優勝者続出!

 7月4日に行われた第61回西日本学生陸上競技対校選手権大会2日目(於・西京極総合運動公園陸上競技場)。男子400㍍では山口貴裕(社3)が47秒48で優勝。また女子400㍍でも長濱弘実(総3)が55秒64の自己新で制した。また男子走幅跳では中村紘平(社3)が7㍍70の自己新で見事優勝を飾った。

真剣な表情で、男子400R決勝のスタートに立つ山口 女子400Rを制した長濱(中央)


 初日の好発進で勢いをつけ、迎えた2日目は期待通り、多くの選手が入賞を果たした。
 中でも、男子走幅跳で中村鉱平が記録7㍍70で堂々の優勝。これは自己ベストであると同時に学院記録を更新。この大ジャンプに「びっくりしました。助走が安定して6本ともいい跳躍ができました。全カレに向けて頑張ります」と自身の成長に驚いていた。
 女子400㍍は長濱弘実が55秒64の自己ベストで制した。大接戦となった決勝。長濱は300㍍地点で先頭に立ち、気迫の走りでそのままトップを譲らなかった。「3年ぶりの自己ベストです。ラスト100㍍は意識がなかったです」とレースを振り返った。
 また男子400㍍でも山口貴裕が47秒48の力走で強豪を抑えての優勝。「強い選手が多かった。自分の壁をやぶることができたと思います」。400㍍はもちろん4×400㍍Rの主力としても全カレでの山口の活躍が大いに期待される。
 西日本インカレ2日目。この日は関学の実力と成長をみせつけた1日となった。
試合結果
男子100㍍準決勝  2組1着 津崎 亮(文3) 10秒47
           4組7着 柳川裕介(商1) 10秒86
      
男子100㍍決勝     3着 津崎 亮 10秒58
男子400㍍準決勝  1組5着 藤井秀典(社3) 48秒85
           2組1着 山口貴裕(商3) 47秒41
           3組7着 大原良太(経2) 49秒52
男子400㍍決勝   1着   山口貴裕 47秒48
男子800㍍予選   1組3着 谷下駿貴(文1) 1分56秒71
           3組1着 安田健一(商2) 1分55秒51
           10組2着 紙谷畑昂志(文2) 1分54秒29
男子1500㍍予選  1組15着 八田井智也(理3) 4分20秒04
           3組6着  佐々木彬朗(社4) 4分01秒88
男子10000㍍   2組16着 神原龍之介(経1) 32分26秒33
           2組28着 前田隼矢(文2)  33分57秒71
男子110㍍H予選 1組2着 藤田俊輔(総4) 14秒86
          2組3着 深草祐喜(理3) 14秒86
男子110㍍H準決勝 2組5着 藤田俊輔 14秒78
           3組8着 深草祐喜 15秒29
男子400㍍H予選 2組2着 安藤大輔(社3) 52秒85
          5組3着 坂本龍太郎(経2) 53秒37
男子4×100㍍R決勝 4着 吹田・津崎・柳川・河村 40秒38
男子走幅跳 1位 中村紘平 7㍍70
      31位 宮本成徳(社1) 6㍍27
男子砲丸投 16位 森 雄輔(経3) 13㍍02
男子やり投 2位 稲田和也(商4) 66㍍73
      4位 中澤 了(文1) 62㍍86
女子400㍍準決勝 1組8着 友田あかね(社1) 60秒41
          3組1着 長濱弘実  56秒31
女子400㍍決勝 1着 長濱弘実 55秒64
女子800㍍予選 3組1着 森 瑞穂(社2) 2分18秒51

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です