【バスケットボール部男子】 流科大Bに大接戦、決勝に不安/兵庫県選手権

 6月29日に甲南大学で行われた平成20年度第57回兵庫県男子バスケットボール選手権大会。関学は流通科学大学Bチームと対戦した。関学は序盤からリードを保つも、波に乗る流科大が猛チャージ。4Qに入っても流れは変わらず、点差は10点を切る。終わってみれば87‐84と、猛追する流科大から何とか逃げ切る形での辛勝だった。明日の決勝は流科大のAチーム。今日のムードを払拭できなければ、厳しい戦いになるのは間違いない。
試合後のコメント
主将・小林左将(法4)「むこうのムードにも、ジャッジにもこっちが我慢しきれなかった。そこからディフェンスも崩れてしまったと思う」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です