【ラクロス部女子】 関西制覇!

 6月22日、舞洲運動広場球技場に於いて行われた第5回プライドトーナメント決勝戦(対大阪国際大学)。試合開始早々、大国大に先制されてしまう。だが関学は追い上げを見せ、前半を3-3の同点で終え、後半へ。両校とも譲らぬ接戦となり6-6と同点で終盤に差し掛かる。残り2分、AT山本(法4)の得点で逆転。7-6で見事勝利し、関西制覇を遂げた。この結果は日本一への序章に過ぎないー。
 試合開始早々、大国大の速い攻撃に関学ディフェンスは追いつけず、序盤から0−2とリードを許す。開始7分、DF京(社3)のパスを受けてAT上坂(法4)が得点を決め、流れを作ろうとした。だが、キャッチミスにより、なかなか得点につなぐことができない。関学の放ったパスは何度も大国大にカットされゴール前へ運ばれてしまう。しかし相手の速攻に、DF陣が力強く詰め寄り圧倒する。中盤は両校とも、得点を決められない接戦となった。だが、前半も残り6分となったところで、試合が動く。関学のディフェンスは、次々と抜かれ相手に追加点を決められてしまう。1−3と再び2点差となるが、AT山本(法4)が1on1からのショットでネットを揺らす。直後の攻撃も、関学はすばやくゴール前へ切り込み2連続で得点を決め、3−3と同点で後半へ突入した。
 後半、大国大のファールにより関学ボール。しかし相手にパスカットされ、ショットを打たれるが、G中尾(法3)が確実にセーブ。その後、関学のファールで相手に2度のフリーシュートを決められ4−6。流れを掴むことができないまま、試合は終盤に差しかかる。関学はゴール前で速いパス回しを展開して、ショットのチャンスをうかがう。そしてゴール前でパスを受け、AT上坂のショットがゴールに突き刺さる。これを皮切りに、関学は得点を重ねていく。続けてDF山口(商4)が同点のショットを決める。前後半ともに関学は大国大に何度も点差をつけられ、引き離された。だが残り4分で同点に追いつき、関西制覇へあと一歩と迫る。あと1点が欲しい両校はさらにグランドボールに執着する。そして、ゴール裏でのグランドボールを制しパスを放つ。ボールはAT山本の元へ。残り2分、ゴール正面でショットを決めて逆転。関学は7−6で勝利を収め、関西制覇を成し遂げた。またプレイヤー・オブ・ザ・マッチには、関西制覇の決定点を決めたAT山本が選ばれた。
試合後のコメント
主将・桑田亜也加(文4)「ここが終わりじゃない。秋季リーグでの関西制覇のためにもいいスタートが切れた。(春季の関西制覇は)日本一になるための一歩です」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です