【軟式野球部】 完封負け/関関戦

 3日目に行われた軟式野球部の試合(於・関西大学北グラウンド)。関学は0―1で惜敗した。
 1回裏、関学先発の塩澤直樹(商3)は、立ち上がりを攻められ2死一、二塁のピンチを招く。この場面で、右翼線への適時打を打たれ先制点を与えてしまう。2回以降、塩澤は毎回出塁を許すものの、ホームを踏ませない粘りのピッチング。尻上がりに調子を上げていく。また、中堅手・原田大輔(商2)の好返球などバックも塩澤をもり立てた。
 一方関学打線は序盤、相手投手に抑えられ、流れに乗れない。しかし、試合が進むにつれて、毎回得点圏に走者を進め反撃を開始する。7回表には、相手のミスから2死満塁のチャンスを作る。だが、あと一本が出ず、最後まで得点できなかった。
 関大にあと一歩及ばなかったものの、両チーム互角の好ゲームを繰り広げた。来年こそは関学らしいプレーで勝利してくれるだろう。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です