【硬式野球部】 反撃及ばず/関関戦

 1日目に行われた硬式野球部の試合(於・関西大学北グラウンド)。関学は先制点を許してしまい1―3で敗北した。
 初回、主将・宮崎翔(社4)が右前への安打を放ち1死一塁とする。そして、大西浩平(社2)も足を生かし出塁。4番・有木孝広(商3)のバットに期待がかかる。二塁ゴロに倒れてしまったが走者を進めた。しかし、後続が断たれ惜しくも得点には至らない。
 試合が動いたのは4回裏だった。先発・樫岡徹(商2)が二塁打を浴びてしまう。その後の右前適時打でついに先制された。さらに5回裏、山下光(経2)が四球で先頭打者の出塁を許すと4番・山地に左越の2点本塁打を放たれてしまう。この回0―3と点差を広げられた。このままでは終われない。関学は、6回に中村浩樹(経2)の二塁打で得点の好機をつくる。そして大西が左越の適時二塁打を放ち1点を返した。
 このまま追い上げを見せるかと思われた関学。だが、あと1歩及ばず関関戦を白星で飾ることはできなかった。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です