【サッカー部】 まさかの逆転負け/関関戦

 1日目に行われたサッカー部の試合(於・関西大学中央グラウンド)。関学は4―5で敗北を喫した。
 試合は、関学のゴールラッシュで幕を開けた。まずは前半2分、ゴール前でパスを受けたFW桑原透記(社4)がゴールを決め先取点を奪う。その後、MF阿部浩之(文1)、主将・MF小関佑典(商4)らにも立て続けにゴールが生まれ、一気に関大を突き放す。前半終了間際に1点を返されるものの、3点のリードを保ち、試合を折り返した。
 メンバーをすべて入れ替えて臨んだ後半。関学は前半とは打って変わり、防戦一方の展開となる。徐々に点差を詰められ、1点差でロスタイムへ。必死に守る関学イレブン。しかし、関大の素早いパス回しに翻弄(ほんろう)され、同点ゴールを許してしまった。そして、その直後にもまさかの逆転弾を叩き込まれ、そのまま試合終了。4―0からの逆転負けという屈辱の結果となってしまった。

SNSでフォローする
Comment (1)
  1. 匿名 より:

    なんで?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です