【サッカー部】 同大破り、準決勝へ!/関西選手権

2ゴールを挙げた桑原透 5月28日、長居第2陸上競技場に於いて行われた第37回関西学生サッカー選手権大会2回戦。関学は2−0で同大を下し、準決勝へ駒を進めた。
 DF飯田(社3)を出場停止で欠く関学は、MF青戸(文4)を最終ラインに下げ、左から青戸、津田(商1)、志田野(総3)の3バックで試合に臨む。また、青戸が抜けた中盤には、久々の先発出場となるMF箱根(商4)が起用された。
 試合は関学のキックオフで開始された。試合を有利に進めるためにも先制点を奪いたい関学は、序盤から積極的にパスを回し、同大ゴールへと迫っていく。11分には、中央でパスを受けたMF阿部(文1)が左足でミドルシュートを放つが、これは惜しくも左へとそれる。その後も、サイドチェンジなどを多用し、攻撃のリズムを作っていく。また、関学の持ち味であるプレスもさえ、前線でボールを奪う場面も何度も見られた。だが、得点に結びつけることはできず、0−0で前半を終了した。
%C2%91I%C2%8E%C3%A8%C2%82%C3%89%C2%8Ew%C2%8E%C2%A6%C2%82%C3%B0%C2%91%C2%97%C2%82%C3%A9%C2%89%C3%81%C2%96%C3%8E%C2%8A%C3%84%C2%93%C3%82.JPG 後半は、いつものようにFW金尾(経4)に代えてFW村井(経2)が投入されて開始された。そして開始早々の後半7分、前線で相手パスをカットしたFW桑原透(社4)がドリブルで持ち込み、そのままゴール右隅へ流し込み先制。リーグ戦の同大戦でも貴重なゴールを挙げた男が、今日もしっかりと仕事を果たした。だが、桑原透はこれだけでは終わらない。わずか1分後の後半8分、ペナルティーエリア内の混戦からのこぼれ球をゴール左に決め、わずか2分で2点を奪った。一気に勢いに乗った関学は、この後も積極的に攻め続ける。一方、早く得点を返したい同大も果敢に攻め、試合はめまぐるしく攻守が交代する展開となる。そんな中迎えた後半25分、村井が2枚目のイエローカードを受け、退場となってしまう。前節同様10人での戦いを強いられてしまった。一人少なくなった関学は、同大に攻め込まれる時間帯が続く。加えて連戦の疲れも見え始め、思うようにパスがつながらない。だが、その苦しい状況でも選手たちは体を張った守りを見せ、同大にゴールを割らせない。GK原田(商4)も大きな声で選手を鼓舞し、士気を高める。この試合に勝ちたい—。その気持ちが選手たちを最後まで走らせ続けた。そして2−0のまま試合終了の笛。厳しい戦いを制し、2回戦を突破した。次はいよいよ準決勝。相手は、リーグ戦初戦で対戦し、0−0で引き分けた阪南大だ。この試合に勝てば、実に6年ぶりとなる総理大臣杯出場が決まる。久々の大舞台へ、必勝あるのみだ。
試合後のコメント
2得点の桑原透「しばらく点を取れてなかったのでよかった。(公式戦での)2得点は高校以来だと思う。総理大臣杯はこれまで一度も出場できていないので、まずしっかりと出場権を勝ち取りたい。そして最終目標である日本一になりたい」

SNSでフォローする
Comments (3)
  1. KG応援団 より:

    やったぜ!この「必死さ」がKGの真骨頂だ!
    とにかく気持ちで負けるな!次は、目下絶好調の阪南だ。
    泥臭く、粘り強く闘って下さい。頑張れ!
    (HPも更新してよ!!!)

  2. 静岡から より:

    おめでとうございます。選手みんなの粘り強いプレーが大好きです。阪南大が嫌がる試合を大いに期待しています。
    ※昨年度のHPは替えた方がいいですよ。新チームなんだから。いつまでも、木村君の「挨拶」では、後輩の新主将小関君
    がかわいそうだよ。インカレのスケジュールもね。

  3. 関学スポーツHP担当 より:

     いつも「関学スポーツWeb Site」をご覧いただきありがとうございます。
     当HPは関学体育会学生本部編集部が運営している体育会の広報媒体の一つです。ご覧のとおり体育会サッカー部の試合結果等も取材のもと、速報として公開しております。
     ですが、体育会各部が公式サイトとして運営しているものへは、「各部へのリンク」などで提携しておりますが、運営に関しては各部が各自で行っています。
     体育会サッカー部の活躍は試合速報、また、ただいま連載中の企画「K.G.サッカーPRESS」でお届けいたします。今後ともご指導ご鞭撻のほどをよろしくお願いします。
    関西学院大学体育会学生本部編集部「関学スポーツ」HP担当

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です