【バスケットボール部男子】 初戦圧勝!

 5月25日、大阪市立中央体育館に於いて行われた第58回西日本学生バスケットボール選手権大会初戦(対松山大)。序盤から関学は松山大との平均身長差約5㌢の身長差を生かし、インサイドからの攻撃で次々と得点を奪う。また、積極的な関学のディフェンスで松山大の攻撃も止め、66ー33と大差をつけ前半を終える。
 後半に入りC田中(経1)のシュートが炸裂。さらにSF新谷(経4)の速い攻撃もベンチを沸かせた。体力差が目立ち足が止まり出した松山大に関学は実力の差を見せつけ、118ー70で圧勝。1年生の活躍も光り、総合力の高さを見せた関学。今後の活躍に期待できる。
試合後のコメント
主将・小林(法4)「西日本の目標はベスト8。頑張ります」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です