【ラクロス部女子】 2回戦、圧勝!

 5月24日、舞洲運動広場球技場に於いて行われた第5回春季プライドトーナメント(対流科大)。悪天候のなかでの試合となった。だが、天候に左右されることなく関学は次々と得点を決める。そして15−3で圧勝。3回戦へ進んだ。
 試合開始3分、1on1でAT上坂(法4)がゴールのネットを揺らす。続けてAT堀江(法3)がショットを決めた。関学は悪天候を物ともせず、得点を重ねる。しかし、流科大にゴール前までボールを運ばれてしまう。ディフェンスで圧倒するも、相手にディフェンスを交わされ失点。関学は攻めの姿勢で、グランドボールにも執着し、積極的にショットを狙う。そんな中、流科大に負傷者がでる。相手チームに控えの選手がいなかったため、関学のエキストラ状態で試合続行となった。試合再開直後、相手のファールによりフリーショット。このショットをDF京(社3)が決め、4−1。続いてAT西村(社2)がゴール前へ切り込み、正面からショットを決め追加点をあげた。堅い守りで、相手に得点を許さない関学ディフェンス陣。しかし、ファールを取られてしまう。流科大にフリーショットを決められ2点目を許してしまった。だが、AT谷本(法3)が残り20秒でショットを決め7−2で前半終了。後半に入り、点を奪ったのはまたもAT谷本だった。前半で掴んだ流れを離すことなく、後半も関学ペースで試合は進む。相手のディフェンスを交わしAT佐々木(商3)のショットが、ゴールに突き刺さる。その後も、AT松崎(経3)がフリーショットを決め、点差を広げた。関学の攻めの勢いは止まらず、15−3と圧勝した。
試合後のコメント
主将・桑田亜也加(文4)「関学が1人多い中の試合だったが、状況を読んだプレーが出来なかった。中身のある勝ち方をしたかった。でも、天気に負けずみんなで盛り上げて元気な試合ができてよかった」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です