【陸上競技部】 荻田、日本学生新記録樹立!

「いけると思いました。今日はこれを跳ぶために来ました」
5月17日に長居第2競技場で行われた第85回関西学生陸上競技対校選手権大会で荻田大樹(商3)が棒高跳で5m56の日本学生新記録を樹立した。5月に5m40を跳び、今大会で4月19日の静岡県東部選手権で鈴木崇文(東海大)が出した5m55の学生記録を更新、同時に北京五輪B標準を突破し勢いに乗っている。「次の目標はA標準(5m70)です」と北京五輪出場も視野に入れている。日本選手権での沢野大地(ニシ・スポーツ)との対決も注目だ。荻田のさらなる高さへの挑戦から目が離せない。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です