【軟式野球部】 関大を完封!決勝進出決めた!

 5月18日、関西学院大学第3フィールドに於いて行われた2008関西地区大学準硬式野球トーナメント大会二次予選準決勝(対関大)。関学は、ライバル関大を6-0の完封で下し、決勝進出を決めた。決勝戦に勝利すれば、関西第4代表として全日出場権を獲得することができる。
関学 000 000 150 =6 H10 E2
関大 000 000 000 =0 H6  E1
(関学) 塩澤-斎本
 昨日の試合後に主将・杉原(経4)が語った言葉。「明日の試合は勝ちたいという気持ちが強いほうが勝つと思う」。今日の試合はまさにその言葉通りの試合となった。
 ライバル対決となった準決勝。関学の先発マウンドには左腕塩澤(商3)が上がる。初回は三者凡退に抑え、順調な立ち上がりを見せた塩澤だが、2回、3回はいずれも満塁のピンチを招く。しかし、関大打線に決定打を許さず、このピンチを無失点で切り抜ける。早く塩澤を援護したい打線だが、毎回得点圏に走者を進めながらもタイムリーが出ずに先制することができない。そのまま6回まで両チーム無得点で試合は進んでいった。ようやく試合が動いたのは7回表。関学は8番塩澤がライト前ヒットで出塁すると、続く9番原田(商2)が送りバントを決め、チャンスを作る。この場面で、ここまで2安打の1番西尾(経3)が右中間へタイムリーツーベースを放ち、貴重な1点を先制する。追加点を奪いたい関学は、続く8回にも塩澤、原田、3番久保田(経4)の3本のタイムリーで一挙5点を奪い試合を決定付けた。塩澤も、5回以降は本来の調子を取り戻し、関大にチャンスを与えない。そのまま最後まで投げきり、9回を6安打5奪三振と見事な投球で完封勝利を飾った。投打ががっちり噛み合い、関大に快勝した関学。選手全員が大きな声を出し、強い気持ちを持って試合に臨んでいた。その良いムードが関学に流れを呼び込んだのだろう。いよいよ残すは決勝戦(5月24日9時~於・尼崎記念球場)のみ。このまま好調を維持し、何としても全日出場権をつかみ取ってもらいたい。
試合後のコメント
主将・杉原「お互い我慢比べの試合だった。先制して、次の回に追加点を取れたことが大きい。みんなが本当に頑張ってくれた。一週間後の決勝にしっかり勝って、優勝して全日へ行きたい」
完封勝利の塩澤「みんながしっかり守ってくれた。5回以降は緩急を使い始めたことが良かったと思う。絶対全日に行きたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です