【硬式野球部】 最終戦を勝利で飾る

 5月18日、皇子山球場に於いて行われた関西学生野球六大学春季リーグ対京大2回戦。関学は先制点は取られたものの、その後逆転し3-1で勝利した。
京大 100 000 000=1 H3 E2
関学 001 001 10×=3 H6 E0
京大:安土、西本、綛谷―表
関学:岸、石田、坂戸―久恵
 昨日と同じく初回に先制点を取られてしまい1点追う形となった関学。1、2回と出塁はするものの、なかなか点を奪えない。しかし3回には、押し出しの四球で1点を返し同点に。その後岸敬祐(商4)はテンポ良く相手打線を抑えていく。
 そして6回、関学に好機が訪れた。代打・原聡志(文3)が中前へ安打を放った。さらに代走の寺尾佑介(法3)が盗塁を決め、相手投手の暴投が重なり二死三塁となる。そして、檪浦大亮(経1)の右前安打で1点を挙げ、ついに逆転した。さらに7回、越智英貴(社1)が右越え適時三塁打を放ち1点追加し、点差を広げる。守備では主将・宮崎翔(社4)の好守備などもあり、決して得点を許さない。9回には昨日先発したエース・坂戸圭介(社4)がきっちりと3人で抑え、3-1で勝利しリーグ最終戦を勝利で終えた。
試合後のコメント
清水監督「同大、近大戦は残念だった。秋も最終学年の坂戸、岸の2人を抜いては考えられない。また若い選手もよく伸びたと思う」
主将・宮崎翔「(今季は)良い試合はするけれど接戦で勝てなかった。あと1歩の勝負強さが足りない。(これから)投手との1対1の勝負で勝ちきれるように練習から取り組んでいきたい。そこを克服したら勝てると思う」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です