【卓球部】 女子、2連勝/男子、悔しい1敗

 5月18日、近大記念会館に於いて春季関西学生卓球リーグ戦第2戦が行われた。女子(2部所属)は佛教大と対戦し、4—0で勝利。男子(1部所属)は関大と対戦し、2—5で敗れた。

5番手、佐藤(晶)(経2) 7番手、津田(商2)

試合後のコメント
女子主将・西原知世(社3)「昨日に続いて4—0で勝てたのはうれしいが、セットを取られたのが反省点。残る3試合も気を抜かずに、全力で戦いたい」
男子主将・増野唯生(法4)「2番手の村上(社2)の敗戦が大きかった。これで関大に勢いづかせてしまった。関大は実力的には勝たねばならない相手のはずなのに、選手たちが気力で負けてしまったと言わざるを得ない。メンタル面を次の試合までに立て直し、仕切り直しするしかない」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です