【軟式野球部】 接戦制し、全日出場まであと2つ!

 5月17日、尼崎市記念公園野球場に於いて行われた2008関西地区大学準硬式野球トーナメント大会二次予選1回戦(対大商大)。関学は3−2で大商大を下し、明日の準決勝へ駒を進めた。
大商大  000 002 000 =2 H2 E1
関学    010 100 01× =3 H6 E0
(関学) 内垣、塩澤−斎本
 一次予選を突破し、二次予選進出を果たした関学。この二次予選は、関学を含め、一次予選を突破した4校と先日行われた関西選手権1回戦敗退校4校の計8校によって行われる。優勝すれば関西第4代表として全日出場権が獲得できる。
 2年連続の全日出場のためにも負けられない関学。先発のマウンドには内垣(文3)が上がった。その内垣は、1回から2回にかけて4者連続三振を奪うなど、快調な立ち上がりを見せる。すると2回ウラ、この回先頭の4番畠嶋(商4)がレフト場外へと消える特大のソロホームランを放ち幸先よく1点を先制。4回にも、2番濱口(経4)のヒットなどでチャンスを作り、6番斎本(商4)のライト前タイムリーで追加点を挙げた。だが5回、ここまで大商大打線をノーヒットに抑えてきた内垣が連続四球からピンチを招く。このピンチをしのぎたい内垣だったが、タイムリーと犠牲フライを打たれ、同点に追いつかれてしまう。なおも二死満塁のピンチを背負うが、ここはレフトライナーにきってとり、勝ち越し点は与えない。7回からは、内垣に代わり塩澤(商3)が登板。7回、8回を3人ずつで抑え、リズムを作る。このリズムに乗りたい打線は8回ウラ、四球とヒットで二死一、三塁のチャンスを作り、打席には先制ホームランの畠嶋。カウント1−3からの5球目をレフト前にはじき返し、貴重な1点を奪った。そして最終回、塩澤が三者連続三振を奪いゲームセット。接戦を制し、全日出場に一歩近づいた。明日は10時より、関学第3フィールドに於いて準決勝(対関大)が行われる。ライバルを倒し、決勝進出を果たせるか注目だ。
試合後のコメント
主将・杉原俊彦(経4)「畠嶋はここ最近いい調子を保てている。それが試合でもホームランとなって表れたのだと思う。勝ちはしたが、今日の試合はサインミスもあったし、まだまだ細かなミスもあった。しっかり修正して明日の試合に臨みたい。関大は気心の知れた相手だし、勝ちたいという気持ちが強いほうが勝つと思う」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です