【硬式野球部】 同大に連敗

 5月12日に行われた関西学生野球六大学春季リーグ対同大2回戦(於・皇子山球場)。関学は6回に勝ち越すも、7回に逆転となる本塁打を浴び、5-6で敗れた。
同大 000 040 200=6 H11 E1
関学 000 041 000=5 H 6 E1
同大:佐々木、高見、佐川―磯部
関学:岸、石田、山下、樫岡―久恵
 関学の先発は岸敬祐(商4)。その岸は序盤2回に大きなピンチを迎える。二塁打、内野安打など、3連打で無死満塁に。だが続く打者から空振三振を奪うと、その後は2者連続で遊撃手へのゴロにきってとり、この回を無得点に抑えた。3回にも安打で走者を出すが、捕手の久恵将之(商3)が一塁へのけん制球で刺し、守備から盛り上げる。5回表、ここまで踏ん張ってきた岸だったが一死から2連打を浴びる。続く打者をゴロに抑えるも、その後四球と2本の適時二塁打で4点を先制された。
 しかしその裏、関学はすぐに反撃する。一死から久恵が左中間を破る二塁打を放った。さらに二死から江崎亮(文3)が四球で出塁すると、すかさず二塁へ盗塁を決める。続く松浦大則(商1)の打球を一塁手が失策し、この間に1点を返した。そして代打・飯田高大(社3)が勝負強いバッティングを見せ、中前適時打でさらに1点。関学の勢いは止まらない。1番の中村浩樹(経2)が初球で犠打を決めると、2番・大西浩平(社2)、3番・宮崎翔(社4)が連続で左前適時打を放ち、一挙同点に。試合を振り出しに戻した。
 6回から登板したのは石田大樹(社1)。二死から走者を出すも、三塁への盗塁を久恵が正確な送球で阻止した。その裏関学は、先頭の久恵が内野安打で出塁。その後二死となるも、松浦が左中間へ適時三塁打を放ち、勝ち越しに成功した。だが7回表、この回から登板の山下光(経2)が先頭打者に四球を与えると、同大の4番・磯部に左越の2点本塁打を浴び、逆転を許してしまう。なんとか追いつきたい関学だったが7、8、9回と走者を出すことができず、惜しくも1点差のまま試合終了となった。
試合後のコメント
清水監督「勝ちきれないのは実力がないということ。点を取った後は必ず抑えるのが勝ちパターンだが、それができなかった」
主将・宮崎翔「競ったゲームを勝たないと優勝はできない。実力が出た試合だった。今日は1試合通してチームの雰囲気が良かったので、それは次も持続したい。次の試合も気を抜かず必死に向かっていき、勝ちきって終わりたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です