【硬式野球部】 延長の末、同大に惜敗

 5月11日に行われた関西学生野球六大学春季リーグ対同大1回戦(於・皇子山球場)。関学は初回に先制点を許すも、9回表に土壇場で同点に追いつく。しかし延長10回裏、サヨナラとなる犠飛を打たれ1—2で敗北を喫した。
関学 000 000 001 0 =1 H10 E0
同大 100 000 000 1×=2 H 6 E2
関学:坂戸、石田、山下、宮崎(啓)―久恵、米川
同大:佐川、高見―磯部
 関学の先発は坂戸圭介(社4)。立ち上がりの1回裏、先頭打者への初球は中堅へ抜けようかという当たり。二塁手の宮崎翔(社4)がよく追いつき一塁へ送球するが、惜しくも内野安打となる。その後、二死二塁とされると4番・磯部に左前安打を打たれ、1点を先制された。坂戸は4回にも四球から二死二、三塁のピンチを背負う。しかしここは、佐川を見逃し三振にきって取り、無得点に抑えた。
 反撃したい関学だったが3、4、5回と走者を出すも得点に結びつけることはできない。関学の坂戸、同大の佐川の両エースの投げ合いが続く。
 7回からは坂戸に代わり、石田大樹(社1)が登板。7回を抑えるが、8回裏に安打、犠打を決められたところで山下光(経2)に交代した。その山下が後続を断ち9回に望みを繋ぐ。
 そして9回表、この回先頭の越智英貴(社1)が内野安打で出塁する。続く江崎亮(文3)が犠打を決め、一死二塁に。ここで二塁走者の越智が果敢に盗塁を試みるが、惜しくも刺されてしまう。二死となったが、原耕祐(商2)が中前安打。さらに代打・飯田高大(社3)も右前安打で好機を広げる。そして打順は1番にかえり、中村浩樹(経2)。その中村が右前適時打を放ち、3連打でついに同点に追いついた。試合は9回で決着がつかず、延長戦に。
 だが10回裏、先頭打者に四球を与えると、さらに犠打、安打などで一死二、三塁のピンチに。そして4番・磯部に中犠飛を打たれ、試合終了となってしまった。
試合後のコメント
主将・宮崎翔「9回は最終回だったし、皆元気を出していけた。逆に9回みたいな雰囲気のイニングを最初から作れていればよかった。(自身の2安打については)思いきり、最初から振ろうと思っていきました」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です