【バレーボール部】 まさかのストレート負け

 5月11日、近畿大学に於いて行われた関西大学バレーボール連盟男子春季リーグ戦。関学は近大と対戦した。第1セット序盤はリードするも終盤に逆転を許してしまう。その後もペースを取り戻せずセットカウント0−3と敗北を喫した。
試合後のコメント
主将・穂森荘一郎(商4)「上位に上がったことで満足してしまっていた。気持ちが完全に相手に負けていた」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です