【ヨット部】 小栗・中野組、関西制覇!

 5月5~6日新西宮ヨットハーバーに於いて行われた春季新人戦。470級で小栗(商2)・中野(社2)組が優勝。またスナイプ級では中村(経4)・竹村(法4)組が2位となった。関学は新チームとなって初の公式戦ながら健闘を見せた。
 
 レース1日目、風が弱かったため、陸待ちをして予定より遅れてスタートを切った。第1レース、関学は470級のスタートで2艇BFD(スタート失格)を出してしまった。またスナイプ級でも、1艇がBFDとなり出ばなをくじける。途中、雨が降り始め、悪天候のなかでのレースとなった。だが、小栗(商2)・中野(社2)組は安定した走りをみせ1位でフィニッシュ。スナイプ級では市野(商3)・上田(経2)組が1位、中村(経4)・竹村(法4)組が4位と奮闘した。続く第2レース、全ての艇が順調にスタート。風は安定していたため、関学は着々と順位を上げた。470級の第1レースでBFDとなった笠井(商1)・西尾(理1)組が3位に浮上。1年生ペアが、健闘を見せた。スナイプ級では、市野・中野が1つ順位を落としてしまった。だが、スタートでBFDとなった崎本(社4)・増川(経2)組が8位でゴール。しかし、470級は、第3レースに順位を落とす艇が多数出てしまった。1位でレースを引っ張っていた小栗・中野組が4位、笠井・西尾が5位に順位を落とした。そして、一転、スナイプ級は4位でレースを展開していた中村・竹村組が2位、崎本・増川組が6位にのぼりつめた。そして1日目の最終レース。470級の笠井・西尾組が2位、スナイプ級の市野・上田組が3位でフィニッシュした。関学は、実力を出せずにレースが終了してしまい、最終日に望みをかけた。
 
 1日目とは打って変わって、晴天となった最終日。470級ではそれぞれの艇が安定した走りを見せた。最終レースでは酒井(法3)・門田(経4)組が3位、笠井・西尾組が4位。そして小栗・中野組が2位で今大会のレースを終了した。スナイプ級では第5レースで市野・上田組がスカルプ(オールで漕いで進むこと)でDNF(違反をしたため順位がつかず、得点が加算される)となってしまった。しかし、第5、第6レースは上位をキープし、5位でフィニッシュ。竹村・中村組は第6レース、7位に順位を落とすが、第7レースは2位となり上位入賞にくい込む走りを見せた。
 470級において、全てのレースを着実にこなした小栗・中野組が優勝。関西制覇を成し遂げた。また2艇も上位入賞し、関学勢が上位に名を連ねた。スナイプ級では3位の艇との点差を19点と引き離して、酒井・竹村組が2位。1位の艇とは8点差で惜しくも1位を逃した。2日間を通し、関学は好不調の波があったが、一人ひとりの実力で乗り越え、見事関西制覇という結果となった。
 
 昨年の新人戦では関大を寄せつけず、関学が圧勝していた。しかし今年は2日間を通して、常に関学と関大で上位を争う形となった。今大会では、スナイプ級の強化を図るため普段は470級で大会に出場する市野をスナイプ級へ投入。市野がスナイプ級に入ったことにより、スナイプ級各艇のベース向上を確かなものにした。そしてスナイプ級は上位争いに絡んだ。しかし、470級では常に艇を引っ張っていた市野が抜けたことにより、まとまりがなくなってしまい、ミスも多発した。
河野監督は「スタートの執念が関大より劣っていた。ひとつひとつの動作をきちんとできないと、ミスにつながる」と話す。しかし、新チームは始動したばかり。今後のヨット部の活躍から、目が離せない。
試合後のコメント
主将・門田慶也「最終レースで470級は3艇がまとまってゴールすることができてよかった。しかし470級、スナイプ級共に1日目の調子の悪さを払拭できず、まとまった成績を出すことができなかった」

大会結果
<470級>
1位 関西学院大学(小栗・中野組)  19点
2位 関西大学(岩見・竹井組)     36点
3位 関西大学(大曲・濱中組)     52点
4位 関西学院大学(酒井・門田組)  62点
5位 関西学院大学(笠井・西尾組)  70点
6位 関西大学(出射・福富組)     75点
<スナイプ級>
1位 関西大学(古江・稲田組)     21点
2位 関西学院大学(中村・竹村組)  29点
3位 関西大学(木山・石原組)     48点
4位 関西大学(林・町田組)       51点
5位 関西学院大学(市野・上田組)  61点
6位 神戸大学(中野・卯野組)     62点
10位 関西学院大学(増川・崎本組) 90点
20位 関西学院大学(佐藤・鹿釜組) 141点
22位 関西学院大学(若林・大内組) 155点

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です