【バスケットボール部女子】 武庫女大に完敗

 5月5日、なみはやドームに於いて行われた第29回全関西女子バスケットボール選手権大会(対・武庫女大)。試合は終始武庫女大ペースで進み、関学はリバウンドもなかなか取れず得点をあげれない。そのまま関学は巻き返すことができず43ー89で敗北した。
 序盤から試合は武庫女大ペースで進む。関学はパスミスなどが目立ちなかなか落ち着いた攻撃ができない。PG公文(社3)が声を出し雰囲気を変えようとするも武庫女大との点差は埋まらない。さらに武庫女大のコートを広く使ったオフェンスに関学はほんろうされ、ファウルを犯しチームファウルは5ファウルに。関学は武庫女大にファウルフリースローをミスなく決められ、一層得点差が開いてしまう。そして関学はリズムを変えられないまま25ー50で前半を終えた。
 後半でなんとか巻き返しを図りたい関学。しかし試合は依然として武庫女大ペースだった。PG公文の速いパス回しで相手ディフェンスを揺さぶりチャンスを生むが、関学は要所で得点を決めることができない。さらに関学はルーズボールへの執着心が見えなくなる。何度かT.O.をとり気合いを入れ直すが、武庫女大の3Pシュートが炸裂。点差は一気に離され43ー89で完敗した。関学の課題が明確に表れた試合となった。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です