【硬式野球部】 接戦制す!

 5月4日、阪神甲子園球場に於いて行われた関西学生野球六大学春季リーグ対関大2回戦。関学は初回に先制点を挙げ、最後まで守り抜き関大に3-2で勝利した。
関学 300 000 000=3 H5 E0
関大 000 200 000=2 H6 E1
関学:岸、山下、宮崎(啓)-久恵
関大:渡部、廣谷、横山、秋本、伊勢-田辺
 
 初回から試合は動いた。先頭打者の檪浦大亮(経1)が四球で出塁すると、大西浩平(社2)も左前に安打を放ち、無死一、二塁に。続く宮崎翔(社4)は進塁打で走者を進める。そして昨日2安打の4番・有木孝広(商3)。その有木が中前適時打を放ち、走者2人が還った。続く久恵将之(商3)も左中間への適時三塁打を放ち、さらに1点を追加する。初回から3点先制をした関学。流れを引き寄せた。
 先発の岸敬祐(商4)は1回から3回まで関大をパーフェクトに抑える。3回は3者連続三振を奪うなど、上々の立ち上がりだった。しかし4回裏、2連続安打でピンチを迎えると左翼への犠飛で1点を失う。さらに二死一、二塁から適時二塁打を浴び、1点差に。ピンチが続く岸だったが、次の打者を3球三振に抑えた。
 5回裏から継投したのは山下光(経2)。関大打線を上手く打ち取っていく。7回裏、この回先頭の田辺に安打を許すも、続く打者のバントを併殺にきってとった。4回を投げ、1安打無失点と力投。そして1点リードのまま試合は9回へと進む。
 終盤8、9回、関学は先頭打者を出すも得点には結びつかなかった。9回裏、関学は二死二塁のピンチを迎える。ここで中前安打を打たれたが、中堅手・江崎亮(文3)が好返球。二塁走者を本塁で刺し、試合終了。最後まで接戦となったが、3-2で関学がこの試合を制した。
試合後のコメント
清水監督「次の同大戦も頑張り、少しでも上位へ。そのことで地力もつくと思います」
山下「とにかく腕を振ることを心がけていました。(バントの併殺は)練習しているので自信がありました」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です