【ラクロス部女子】 初戦、白星発進!

 5月4日舞洲運動広場球技場に於いて行われた第5回関西学生ラクロスプライドトーナメント(対同女大)。前半は同女大に先制点を許してしまう。だが関学は、すかさず1点を返す。その後も得点を重ね3−1で試合を折り返す。後半、終始関学ペースで進み、9−1と圧勝。2回戦へ駒を進めた。
 試合開始早々、関学に得点のチャンスが訪れる。ドローを制し、AT松崎(経3)がパスを放つ。そしてAT山本(法4)がショットを狙うが惜しくも外れる。クリア後、同女大にボールを奪われ、先制点を許してしまった。しかし、グランドボールをAT山本がつなぎ、AT谷本(法3)がショットを決める。さらに、AT渡邊(商4)が1ON1でゴール正面から豪快にショットを打ち2−1。相手も関学のディフェンスを交わしショットを打つが、G豊島(文4)の好セーブで得点を許さない。そして、またしてもAT松崎のアシストにより、DF京(社3)が追加点を決めた。関学はディフェンスで相手を圧倒し、3−1で前半終了。前半でペースを掴んだ関学の勢いは衰えない。後半開始直後、AT山本のショットがゴールを揺らした。相手にボールを奪われショットを狙われるが、G豊島が見事にセーブ。関学は攻守ともにナイスプレーが光る。そしてAT渡邊がディフェンスを交わし、5点目を決めた。続けてハーフでパスをもらい、AT渡邊がゴール前へ切り込む。そして、ゴールの左サイドからショットを打ち、7−1。相手のファールにより、AT渡邊のフリーシュート。このショットを確実に決めた。終盤に、グランドボールを相手に奪われるもDF寺本(経4)の圧倒ディフェンスでボール奪い返す。このチャンスにAT加藤(社2)のショットで追加点をあげ、9−1。新チームとなって初めての公式戦を見事勝利で飾った。
試合後のコメント
主将・桑田亜也加「みんなががっついてシュートを決めていたのが良かった。絶対優勝。チームとして勝ちにいきます」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です