【硬式野球部】 関大に先勝!

 5月3日に行われた関西学生野球六大学春季リーグ対関大1回戦(於・阪神甲子園球場)。関学はエース・坂戸圭介(社4)が先発。6回を投げ、1失点と好投する。関学は5回に先制点を許すも終盤に逆転し、4-1で関大に勝利した。
関大 000 010 000=1 H7 E1
関学 000 000 13×=4 H11E0
関大:渡部、伊勢、秋本―田辺
関学:坂戸、山下、宮崎啓―久恵
 先発・坂戸圭介(社4)は立ち上がり好調で4回まで関大打線を1安打無失点に抑える好投を見せた。攻撃面では4回裏、久恵将之(商3)が左中間への二塁打を放ち出塁し、江崎亮(文3)が内野安打でチャンスを広げるもあと1本が出ず無得点に終わる。
 両校ともに無得点で迎えた5回表、試合が動いた。関大の5番山地に左翼線への二塁打を浴び、次の打者がバントを決める。一死三塁のピンチ。続く打者には左越適時二塁打を打たれ、1失点。関学は先制点を許してしまう。しかしその後、坂戸は崩れることなく丁寧な投球でこの回は1失点に踏みとどまった。
 どうしても点がほしい関学であったが5回、6回となかなか点が奪えない。そして迎えた終盤7回表、投手交代でマウンドに上がった山下光(経2)が関大打線を3者凡退に抑えると、その裏関学にチャンスが訪れた。この回の先頭打者である代打・越智英貴(社1)が右中間を破る三塁打を放つ。そして続く河井勇介(商4)が左邪犠飛を打ち、関学は同点に追いついた。
 8回からマウンドに上がった宮崎啓佑(社3)は安打や死球を許すもこの回を0点に抑えた。その裏関学は、久恵、原聡志(文3)、中村浩樹(経2)の3連打で一死満塁とすると、越智の内野ゴロを関大の一塁手が本塁へ悪送球。この間に関学は2点を挙げた。その後、関大の投手による暴投で関学はさらに1点追加点を挙げることが出来た。そして、9回表、宮崎啓は2安打を打たれてしまいピンチを招くが、粘り強い投球で得点を許さず、見事関学が4―1で関大に勝利した。
試合後のコメント
清水監督「我慢比べのゲームだった。今日は投手をどんどん使おうと思っていました。どんな状況でもきちっとした野球をやっていきたい」
主将・宮崎翔(社4)「(試合の間隔が空いていたが)全体的なムードが下がらないようにやってきた。チーム一丸となってやれていると思います」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です