【軟式野球部】 追い上げ及ばず惜敗

 3月26日、西京極野球場に於いて行われた関西六大学準硬式野球春季リーグ戦第1節2日目。関学は最終回に反撃を見せるも、あと一歩及ばず3-4で立命大に敗れた。
立命 001 020 100 =4 H5 E2
関学 000 100 002 =3 H7 E1
(関学) 内垣、吉川-斎本
 昨日の流れに乗り、連勝をつかみたい関学。春にしては少し肌寒い曇り空のな
か、試合が開始された。
 関学は1回から先頭打者を出し、攻撃のチャンスを作るが、なかなか得点に結びつかない。そして流れをつかめぬまま、3回表にエラーで先制点を立命大に許してしまう。なんとか反撃したい関学は、4回ウラに6番斎本(商4)のタイムリーツーベースヒットで同点とする。だが直後の5回表に、再び2点差をつけられてしまい、7回にも1点を追加されてしまう。
 そして9回ウラ。土壇場で、打線が反撃を見せる。4番畠嶋(商4)が相手のエラーで出塁すると、5番村田(文4)のタイムリーで1点を返す。そして、8回表から出場した7番田中(法3)の犠牲フライでさらに1点を追加し、立命大にとうとう1点差まで詰め寄った。だが、反撃もここまで。リーグ戦開始早々、関学は惜しい一敗を喫した。
試合後のコメント
主将・杉原俊彦(経4)「中軸の連続安打で、最後に粘りを見せることができたが、あと少し及ばなかった。この1敗の経験を生かし、しっかりと後の試合を戦っていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です