【軟式野球部】 吉川完封!開幕戦白星スタート

 3月25日、西京極野球場に於いて行われた関西六大学準硬式野球春季リーグ戦第1節1日目。関学は先発した吉川孝介(社4)が立命大打線を封じ込め、2-0で完封勝利。優勝へ向け好スタートを切った。
関学 000 100 100 =2
立命 000 000 000 =0
(関学) 吉川-斎本
 昨秋の新チーム発足後、秋季リーグ戦、関西選手権をともに制覇し力を見せ付けた関学。目標である日本一に向け再び彼らの戦いが始まった。
 先発を任されたのは吉川。久々の先発となった彼だが、3回までを打者9人で抑え上々の立ち上がりを見せる。すると4回表、打線は2死ながら満塁のチャンスを作ると、相手捕手のパスボールにより1点を先制する。さらに7回表、9番原田大輔(商2)が左中間へツーベースヒットを放ちチャンスメイク。2死となった後、2番西尾卓(経3)がセカンドへ痛烈な当たりを放つと、これが相手のエラーを誘い、2塁から原田が一気に生還。貴重な2点目をもぎ取った。援護をもらった後も吉川は好投を続ける。走者を出しながらも、粘り強い投球で得点を与えない。結局最後まで投げぬき立命大打線を5安打完封。開幕戦を白星で飾った。
試合後のコメント
主将・杉原俊彦(経4)「打線は少し空回りした部分もあったが、明日の試合では改善できると思う。合宿からやってきたことが実践できた。これからも一戦一戦大事に戦っていきたい」 
 

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です