【アメリカンフットボール部】 全力尽くすも日本一に届かず

 1月3日に行われた第61回アメリカンフットボール・日本選手権「ライスボウル」。学生王者・関西学院大学ファイターズと社会人王者・松下電工インパルスが東京ドームで激戦を繰り広げた。関学は、一時は7点差にまで松下を追い詰めるも、そのまま追いつく事は叶わず38‐52で敗れ、日本一にわずかに手が届かなかった。
 ゲームは松下QB高田からWR長谷川へのTDパスから動き出す。関学は最初のシリーズからフォースギャンブルを敢行。しかし松下の圧倒的なDEFに阻まれターンオーバーに。松下はランプレーを中心に進撃し2本目のTDを決める。2Qに入り関学もK大西(経4)の32ヤードFGで3‐14とするものの、直後の松下の攻撃で49ヤードのFG、さらにTDも決められ大量リードを許してしまう。前半残りわずか、とにかくTDを取って試合を折り返したい関学だったが、QB三原(商4)の投げたボールを松下DB増谷がインターセプト。そのままリターンTDでスコアを3‐31とされ前半を終了する。
 28点差という絶望的状況でハーフタイムを迎えた関学。だが、その闘志は消えてはいなかった。後半最初の攻撃から関学の猛追が始まる。ランプレー中心に攻撃を展開した前半とは一変、パスを中心としたプレーで繋ぎ、RB稲毛(経3)がTD。松下もすぐさまTDし突き放すも、関学は自陣37ヤードからのロングパスをWR秋山(文4)がキャッチ、63ヤードを切り裂く走りでスコアを16‐38に戻す。追い上げムードにDEF陣も応え、DL國方(法4)がQBサック。これまで全てのシリーズで得点してきた松下OFFをようやく抑え込む。このチャンスをWR榊原(経4)がものにし、松下との差はあと14点。さらに次の松下の攻撃ではDB畑中(商3)が松下QB高田を退場に追い込む値千金のタックルを決める。
 大きく流れをつかんだまま試合は第4Qへ。関学は敵エンドゾーンまで3ヤードと迫る。是が非でもTDに繋げたい場面だったが、松下の主将・山中がQB三原へサック。死角からの強烈な一撃に三原はボールをファンブルしてしまう。松下がこれを保持し、まさかの攻守交替となった。だが高田を欠く松下OFFを関学DEFは抑え続け、関学がWR岸(商4)へのTDパスでついに7点差にまで追いついた。松下はこのピンチに負傷しているQB高田を戦列に戻し、TD。次の関学シリーズ、ここでもQB三原のパスはインターセプトされ、そのままTDされてしまう。21点差をつけられ、関学応援席からは落胆のため息が漏れる。だがQB三原のプレーは崩れず、WR秋山への連続パスで進撃し、最後はTE水原(商4)のTDパスへと繋げる。スコアは37‐52、残り時間は58秒だった。
 
 まだあきらめない関学。K大西がオンサイドキックを左方向へ蹴る。大きくバウンドしたボールは長身WR秋山ががっちりキャッチし、攻撃権を保持する。ベンチが再び沸き立つ。すさまじい執念を見せつけた関学だったが、松下DB小路にパスをインターセプトされ万事休す。ニーダウンして勝利を確定させるインパルスの姿を目に焼き付け、ファイターズの挑戦は終わった。
「やってきたことが出せてよかった」主将・岡田(商4)はこうコメントした。事実、ノーハドルオフェンスは松下DEFを翻弄し、体力を奪い続けた。また、DLがセットせず、LBのような姿勢から襲いかかる独特のフォーメーションは松下の意表を突いた。ライスボウル用に準備した作戦だけでなく、今年のチームカラーである、ショットガンオフェンスも機能し、QB三原は最後まで冷静なプレーでチームをけん引した。ファイターズの誰もが完全燃焼、いい意味で万策尽きた、といったすがすがしい表情を見せた。再びここに戻ってくる—。そう誓い、彼らは東京ドームを去った。
試合後のコメント
鳥内監督「三原のインターセプトはしゃあない。QBは無難にやってもあかんし、リスクを背負って投げるもの。松下DEF相手にあれだけの点はなかなかとれるもんちゃう。三原のおかげでここまでやれた」
主将・岡田「30日に膝を脱臼して、今日も1プレーごとに膝が抜ける感じだった。いい試合ができたと思う。後輩には、やっぱり勝ってほしい、それだけです」
QB三原「松下のDLは予想以上に速かった。前半やってみて、いい歯車が回り始めて、十分やれると感じた。自分がやってきたこと、ベストは出せたが、悔しい」
WR秋山「勝ちたかった。勝って終わりたかった。でも、今は終わったことにほっとしている」
WR萬代晃(経4)「勝てたかもしれないと思うと。悔しいですね、それだけです」
RB平田(商2)「自分としては悔いの残る試合でした。しかし、先輩たちにはすごく感謝しています」

SNSでフォローする
Comments (4)
  1. HK より:

    関東在住の卒業生です。今年は帰省中のため、テレビ観戦になりました。
    ファイターズがライスボウルで社会人に負ける時は、観戦後に脱力感が残ることが多いのですが、今回は、結果はともかく「試合を途中で投げずに最後までやりつくした」という充実感の残る素晴らしいゲームでした。それだけに、前半の失点をもう少し抑えられていれば、という無念さも残りますが、全国のファンに学生王者の意地とプライドを見せつけたファイターズの大健闘に拍手を送ります。
    一緒にテレビ観戦していた私の父は、関学OBではないのに、試合後の三原選手の涙を見て泣いていました・・・。

  2. pop より:

     FIGHTERSに携わる皆さんの精神的な崇高さに感激、そして、今シーズン最後まで声援を送らせて下さった事にはただひたすら感謝。女子部員の皆も、本当にご苦労様でした。

  3. you より:

    滋賀県在住の中学生の母親です。
    息子が中学でアメフトをやっているのを機にアメフトファンになりました。最初はアメフトのアの字もわかりませんでしたが、関西学生リーグ戦、甲子園ボウル、そしてライスボウルと生であるいはTV放送で見せていただいてすっかり関学ファンになりました。
    ライスボウルでは、素晴らしい試合を見せていただきました。
    前半では松下の猛攻で、何点差にまでなるかなと・・改めて松下の強さを思い知りましたが、後半のファイターズの反撃には本当に魅せられました。
    三原君が試合前のインタビューで「関学らしい試合をしたい」「楽しんでフットボールを終わりたい」と語っていましたが、見る者にとっては、その言葉通りの素晴らしい試合でした。
    4年生の皆さんは、一部えびすボウル等を残して引退する方、xリーグへ進まれる方等々おられると思いますが、関学卒の皆さんがあちこちで御活躍されるのをまた楽しみにしています。
    本当にナイスファイトでした。
    素晴らしい試合の数々を見せていただきありがとうございました。
    (息子も関学に入れたくなりました。)

  4. ILJ より:

    1/3の試合が終わった瞬間、彼は何度もフィールドにむかってありがとうと叫んでいました。私は卒業生ではないのですが、ずっと見続けてきて何度も感動させられました。ファイターズの皆さんスタッフの方々、本当にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です