【アメリカンフットボール部】 試合中速報の全て/関立戦

①今年はアウェイとなった最終戦。しかし、試合開始前から吹奏楽部の力強い演奏で、盛り上がりは抜群だ。選手たちも淡々と練習をこなし、決戦にそなえている。
②立命大キックでスタート。
③立命大RB松森が中央突破で先制。0ー7。
④関学RB河原、中央突破で7ヤードを走りTD。7ー7。
⑤秋山へのパスなどで敵陣12ヤードまで進み1Q終了。7ー7。
⑥2Q、9分53秒。エンドゾーンぎりぎりでの押し合いを制しQB三原がTD。14ー7。
 その後オンサイドキックで再び関学の攻撃。
⑦9分41秒、48ヤードのロングパスを受けWR秋山がTD。21ー7。
⑧9分50秒、立命大RBが右オープンを駆け抜けTD。21ー14。
⑨8分26秒、QB三原の右方向のパスを立命大DBがインターセプト。敵陣23ヤードより立命大の攻撃。
⑩7分17秒、立命大が37ヤードのフィールドゴールを狙うも不成功。
⑪2分30秒、ゴール前1ヤードからTE水原がDEFのすきをついて左方向に走り込みTD。28ー14。
⑫28ー14で2Q終了。関学リードでハーフタイムへ。
⑬第3Q立命大WR本多が左方向のパスを受けTD。28ー21。
⑭2分47秒K大西が23ヤードFGを決め3点追加。31ー21。
⑮残り5秒、立命大RBが中央突破で10ヤードTD。スコアを31ー28とし第3Q終了。
⑯試合終了。31ー28で関学の勝利!!

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です