【サッカー部】 2年ぶりに全国へ

 11月24日、鶴見緑地球技場に於いて行われた関西学生サッカーリーグ最終節。同大と2―2で引き分けた関学は、インカレ出場権を獲得した。
 関学は開始から圧倒的にボールを支配し、ゴールを狙う。しかし一瞬の隙から左サイドを崩され、ゴールを許してしまった。なんとしても取り返さなければならない。DF金子(経4)、DF志田野(総4)が積極的なオーバーラップを見せ、チャンスメイク。右からのクロスを志田野が頭で合わせ、見事同点に追い付いた。
 失点後は同大のシュートを0本に抑えた関学。ボールを保持しながらも追加点が奪えず、このまま1-1で前半を終えるかと思われた。しかしロスタイム、CKからMF青戸(文3)がゴール前に折り返し、FW北野(法4)が懸命に右足を伸ばす。ぎりぎりで当たったボールはネットを揺らし、逆転ゴール。直後にホイッスルが鳴り、最高の形で前半を終えた。
 後半が始まっても依然関学ペースだった。何度かカウンターをくらうもののDFが体を張って、ゴールを死守する。突き放したい関学だったが、3点目を奪うことができなかった。そして徐々に疲れが見え始め、ボールが前にいかない。ディフェンスラインが下がり、危ないシーンも。逃げ切りたい関学だったが後半42分、フリーでペナルティエリア内に進入を許す。たまらずDFがファール。PKを与えてしまった。会場中が見守る中、GK原田(商3)が逆をつかれ同点。そのまま試合が終了し、2-2で引き分けた。
 結果、関学は4位で今リーグを終えた。インカレへの出場権は得たものの、課題の残る内容であった。残り1ヶ月、再び鍛え直し、全国の地でK.G.の力を見せて欲しい。
試合後のコメント
主将・木村(法4)「勝ちきれない。勝てた試合があったかもしれないが、この結果が実力通りと思う。インカレまでにいい状態の時のもどせるようにしたい。まだサッカーをできるチャンスをもらった。ものに出来るようにする」
志田野「無我夢中でした。村上(社2)がいいボールを上げてくれたので、決められてよかった。やっとチームの力になれた気がする。最後はインカレのために気持ちで守りました。まだまだ課題はあるが、1ヶ月でしっかり修正して、日本一を目指したい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です