【軟式野球部】 関西選手権優勝!

 11月6日、舞洲ベースボールスタジアムに於いて秋季関西地区大学準硬式野球大会決勝戦が行われた。関学は6‐0で兵教大に勝利し、春に続いて関西の頂点に立った。
関学 201 010 002  =6 H10 E1
兵教 000 000 000  =0 H2  E3
(関学) 塩澤、吉川-斎本
 昨日の逆転勝利で勢いに乗る関学は、初回から打線が奮起する。相手エラーから1死2塁のチャンスを作ると、3番久保田将(経3)、4番畠嶋浩平(商3)、5番村田侑右(文3)のクリーンナップ3連打で、幸先よく2点を先制。3回にも村田のタイムリーで1点を追加すると、5回には6番斎本竜也(商3)が犠
牲フライを放ち、完全に試合の流れをつかむ。先発した塩澤直樹(商2)も、打線の援護を受け好投。初回こそピンチを招くものの、ここを併殺で切り抜けると、その後は7回までを被安打2に抑え、完全に兵教大打線を封じ込めた。そして後を受けたのは吉川孝介(社3)。この秋のリーグ戦から、抑えを任されている彼は、今日もまさに“守護神”の名にふさわしい快投を披露。8回に3者連続三振を奪うと、最終回も簡単に2人を打ち取り、あとアウト一つまでこぎつけた。迎えた最後の打者も、カウント2-1から空振り三振に斬ってとりゲームセット。この瞬間、通産3度目となる秋季関西選手権優勝が決まった。
 新チームにおいて、初めての大会となる秋季リーグ戦、関西選手権をともに優勝という最高の形で締めくくった軟式野球部。だが、本番は全日出場がかかる春の戦いである。旧チームが果たせなかった全国1勝、そして全国制覇へ向けて、チームの更なる奮起を期待したい。
試合後のコメント
主将・杉原俊彦(経3)「優勝は素直に嬉しいです。今日はみんな調子がよくて、小刻みに得点を取れたことがよかった。今後、年内は技術強化、そして年明けからは体力作りを中心にトレーニングに励みたいと思います」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です