【弓道部女子】 主将山口、有終の美を飾る

 10月21日、関西学生女子2部リーグ対佛大(於・佛教大学弓道場)が行われた。4年生にとっては引退試合となるこの試合。負けはしたものの、全員が一つになれた試合だった。
試合後のコメント
主将・山口恵理子(経4)「試合に出る人も応援する人も仕事をする人も、今出来ることを全部出来た試合だった。(痛めている腕について)痛かったが、自分だけの矢じゃないと思えば頑張れた。4年間やってきて実感したことは、一人では勝てないということ。後輩たちには自分のためだけに弓を引くのではなく、自分の頑張りが仲間の為になることを考えていってほしい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です