【硬式野球部】 延長16回の熱戦!

 10月14日に行われた関西学生野球六大学秋季リーグ対近大2回戦(於・皇子山球場)。両校同点のまま延長16回までもつれ込んだが、惜しくも1―2で敗北を喫した。
関学 000 000 010 000 000 0 =1 H9 E2
近大 000 100 000 000 000 1x=2 H9 E1
関学:坂戸、岸、宮崎(啓)、青山-米川
近大:滝谷、谷口(友)-國本、林部
 関学の先発・坂戸圭介(社3)は3回まで要所を締めるピッチングで無失点に抑える。しかし、4回裏、無死から安打で走者を許すと犠打と犠飛で先制される。
 一方、関学打線は、7回表無死、土井竜也(社2)が右前打で出塁し、犠打で二塁まで進むも、後続が断たれる。8回表には、一死から代打・三井将規(総4)が内野安打で出塁。その後、三井の代走・寺尾佑介(法2)が荻野貴司(法4)のゴロの間に二塁まで進むと、浜田翔吾(社4)の遊ゴロが遊撃手の失策を誘い同点に。
 5回で降板した坂戸の後を継いだ岸敬祐(商3)、宮崎啓佑(社2)が近大打線をきっちりとおさえ、試合は延長戦に突入する。
 近大・谷口(友)と10回からリーグ戦初登板した青山清貴(法3)が好投し、両校譲らず迎えた16回表。先頭打者・米川千貴(商2)が左前打で出塁する。その後、犠打で二塁まで進み、二死二塁から浜田が左前打を放つも、本塁でタッチアウト。なかなかリードを奪うことが出来ない。するとその裏、二死一、三塁から森(志)に中前打を放たれ、走者生還。3時間30分を越す接戦で関学は1-2とサヨナラ負けを喫し、勝ち点を奪われた。
また、これで関学は4勝8敗勝ち点1で秋季リーグ戦全日程を終えた。
試合後のコメント
清水監督「最後の最後に実力がなかった。(今季は)チャンスはあったが決められなかった。そこは来季に向けての課題。ピッチャーは宮西以外でも投げられていたので来年が楽しみ」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です