【硬式野球部】 立命大に連勝ならず

 10月8日に行われた関西学生六大学野球秋季リーグ対立命大2回戦(於・南港中央球場)。関学は先制するもチャンスであと一本が出ず、2―4で敗北を喫した。
関学:100 000 100=2 H7
立命:012 000 10×=4 H7E1
関学:坂戸、岡本、宮崎(啓)、岸―米川、久恵
立命:黒田、青木―乗替
 荻野貴司(法4)の劇的な本塁打で始まったこの一戦。先発・坂戸圭介(社3)の立ち上がりは三者凡退と上々だった。しかし2回裏に追いつかれると、3回には2点本塁打を許してしまい、逆転を許す。
 なんとか得点したい関学だが、立命大のエース・黒田を前にあと1本が出ない。7回には原聡志(文2)、宮崎翔(社3)の連続安打の後、久恵将之(商2)が放った打球が相手の悪送球を誘って1点を追加。なおも一死一、三塁の好機であったが、後続が絶たれ、追いつけなかった。
 そしてその裏、3本の長短打で1失点。さらに点差を広げられ、敗北を喫した。
試合後のコメント
清水監督「点は全部2アウトからとられている。1点取り返した後の攻撃が全てだった」
荻野「ホームランは狙っていませんでした。いつも通り打ったのがホームランになった。(通算100安打は)いけたらいいなと思います」
主将・河野公輔(商4)「試合的には悪くなかった。やることはやってきたので、全部出し切りたいです」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です