【硬式野球部】 完封勝利!!

 10月7日、南港中央球場に於いて関西学生野球六大学秋季リーグ対立命大1回戦が行われた。エース・宮西は立命大打線を完封。投打がかみ合い、6-0で快勝した。
立命:000 000 000=0 H6E0
関学:023 001 00×=6 H11E0
立命:鹿野、大島(一)、藤原(正)、田中(宏)―乗替、新田
関学:宮西―久恵
 今年の春季リーグ戦・覇者である立命大との対戦。関学の先発・宮西尚生(商4)は、序盤からテンポの良い投球を見せる。走者を背負っても要所は三振でしめるなど、無四球の快投。終始、立命大打線を翻弄した。
 打っても関学ペース。関学の魅力である、足を使った攻撃で着実に得点を重ねていく。2回、先頭打者の河野公輔(商4)が四球で出塁すると、即座に盗塁。続いて原聡志(文2)が死球を受け、宮崎翔(社3)が巧くセーフティバントを決めると無死満塁に。その好機で、浜田翔吾(社4)が鋭く2点適時打を放って先制。3回には荻野貴司(法4)が中前打で出塁し、すかさず盗塁。続く三井将規(総4)の振り逃げ(暴投)の間に二塁から荻野が生還し、彼の足で1点を追加した。そして、河野は頭から滑り込んでセーフティバント。その後2度目の盗塁。一死二、三塁の場面で原が2点適時打を放ち、さらに点差を広げる。6回には宮西の好投を引き出した捕手・久恵将之(商2)の初本塁打が飛び出し、完全に立命大を突き離した。
 エースの本領が発揮され、打線もつながったこの一戦。関学ナイン全員で勝ち取った一勝であった。
試合後のコメント
清水監督「今日の宮西は肘が使えていた。フォームもしっくり。ベンチにいても安心だった。本来はあのピッチング。最高だった」
宮西「今まで結果を出せず、周りの人に心配かけていたので、今日は勝てて嬉しい。感謝でいっぱいです。チームメイトにも心配させてしまっていた。みんなといっしょに勝ちたいと思った。今日はみんなの応援があると改めて感じました。今日が投げていて1番楽しかったです」
久恵「(ホームランについて)素直に嬉しいです。2打席凡退だったので、初球から思いっきり打っていこうと思っていました。これから(4年生にとっても残り少ない試合なので)勝てるように貢献していきたいです」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です