【軟式野球部】 優勝は明日へ持ち越し

 10月3日、西京極野球場に於いて行われた関西六大学準硬式野球秋季リーグ戦第5節第1試合。ここまで全勝中の関学は、宿敵・関大と対戦。勝利すれば優勝が決まる試合だったが、チャンスの場面であと一本が出ず、0―3で敗北を喫した。
関学 000 000 000  =0 H7 E3
関大 000 002 10× =3 H4 E0
(関学) 吉川、内垣-斎本
 試合は、関学・吉川孝介(社3)、関大・三浦両先発の投げ合いで始まった。吉川は2回に3者連続三振を奪うなど、5回までわずか1安打の好投を見せる。しかし、打線が援護できず、両校無得点のまま迎えた6回、吉川は味方のエラーをきっかけに関大に2点の先制を許してしまう。続く7回にもエラー絡みで1点を失い、関学は3点を追う苦しい展開に。何とか勝って優勝を決めたい関学は、8回表にチャンスをつかむも、相手の好守に阻まれ結局無得点。最終回も得点を奪うことができず、悔しい完封負けを喫してしまった。
 今日は敗れてしまったものの、明日の最終戦に勝てば優勝が決まる関学。悔しさをばねに、必ずや勝利をつかみ取ってくれるに違いない。
試合後のコメント
主将・杉原俊彦(経3)「全勝優勝の方に意識がいってしまって、目の前の試合に集中できていなかった。関大との気持ちの差が、結果に現れたんだと思う。今日の完封負けの悔しさを明日にぶつけて、必ず優勝を決めます!」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です