【硬式野球部】 関大に敗北

 10月3日に行われた関西学生六大学野球秋季リーグ対関大3回戦(於・南港中央球場)。関学はエース・宮西尚生(商4)が先発するも1―3で敗れ、関大から勝ち点を挙げることはできなかった。
関学:010 000 000=1 H7E1
関大:102 000 00×=3 H8E0
関学:宮西、岸、道下、宮崎(啓)―久恵
関大:武内、岡本、伊勢―田辺
 エース・宮西尚生(商4)を先発とし、必勝態勢で臨んだ関学。しかし初回に失策が絡んで失点し、先制を許してしまう。それでも、続く2回表の先頭打者・東田浩平(経4)が左前打で出塁。中山慎一郎(社1)の犠打で進塁すると、原聡志(文2)が左翼手の頭上を越える適時三塁打を放って追いつき、反撃ムードに。
 その裏、宮西は関大打線を三者凡退に抑え、完璧な投球を見せた。このまま投手戦かと思われた3回に適時三塁打を許す。その後すぐに自身の暴投でも失点。再度勝ち越しを許してしまう。
 宮西は4回で降板。続いて登板した岸敬祐(商3)、道下静麿(社4)、宮崎啓佑(社2)はそれぞれ粘りある投球を見せる。その力投に応えるためにも、何より勝利のために、なんとか得点したい関学。だが、得点圏に置いた走者を前にあと1本が出ず。この春2連勝した関大を相手に、苦杯を嘗めることとなった。
試合後のコメント
清水監督「今日は本当に残念です。チャンスに打てなかった。あと2節あるので、修正してやっていきます」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です