【卓球部】 男子は1・2部入替戦へ、女子は2部降格/秋季リーグ戦

 9月7日に行われた、平成19年度秋季関西学生卓球リーグ戦・第7戦(於・尼崎市記念公園総合体育館)。リーグ最終日の今日、男子は3勝3敗・暫定4位の京産大と対戦し、中村(商3)と村上(社1)が3セットをもぎ取ったが結果2-5で黒星を喫した。また女子は、関学と同成績である0勝6敗の関大と対戦。両者とも、この勝負に勝てば入替戦、負ければ2部降格の懸かった大一番。白熱した試合が続き、3-3のまま勝負は最終第7試合へ。主将・岡本(経4)が積極果敢に攻めるもあと一歩及ばず、3-4でリーグ戦を終えた。今日の結果で、男子は2部2位の阪南大との入替戦(9月9日)出場、女子は2部降格が決定した。
試合後のコメント 
女子主将・岡本美帆(経4)「関大とは競り合いの試合になるとは思っていたが、何が何でも勝って1部に残りたかった。秋季リーグを通して、1部で勝つことの難しさを痛感したと同時に、1部で勝負する楽しさを実感できた。今回の悔しい思いを大事にし、次こそ悔し涙ではなくうれし涙を流して欲しい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です