【カヌー部】 全国連覇ならず

 8月28日から行われている第43回全日本学生カヌー選手権大会(於・木場潟カヌー競技場)。最終日の9月2日はロングのレースが行われた。男子は4日目の時点で大正大と5ポイント差の2位につけ、この種目で逆転優勝を狙う。だが、K―2【10000m】でレーンアウトし失格となってしまう。また、K―1【10000m】で先頭集団にいた、主将・稲川昴文(文4)の艇が故障し失速。逆に大正大と点差が開いてしまい、全国制覇は実現しなかった。結果、全国3位に終わった。一方の女子は4日目の時点で3位につけ、最終日では一つでも順位を上げたいところだったが、惜しくも3位入賞は果たせなかった。
【男子カヤック部門】
第1位 大正大
第2位 立命大
第3位 関学

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です