【バスケットボール部女子】 京教大に走り勝ちリーグ2勝目

 8月28日に大阪教育大学で行われた2007年度関西女子学生バスケットボールリーグ戦。関学は京教大と対戦し、90-70で勝利した。
 序盤から激しい点の取り合いが行われる。関学はシュートの成功率やディフェンスなどで勝るが、リバウンドを確保できず、リードを奪う事ができない。しかし京教大の連続ターンノーバーから得たチャンスを逃さず得点。少しずつ流れを引き寄せていく。岸良(商4)の投入によって、リバウンドの意識が高まった関学。こぼれ玉からのセカンドチャンスをしっかり活かし、得点していく。また、2Q終盤からゾーンDFの裏をつき井田(文4)の3Pシュートがよく決り、リードを広げる。後半に入ると、関学のスピードに京教大が対応できなくなってくる。そこを突きロングパスでの速攻で一気に突き放し、90-70で勝利した。
試合後のコメント
主将・井田「前の試合と違って出だしが悪かった。私達4年生が集中して試合に臨めば、改善できると思う」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です