【バスケットボール部女子】 リーグ初戦を快勝

 8月26日に佛教大学で行われた2007年度関西女子学生バスケットボールリーグ戦。関学は同女大と対戦し、89―48と快勝した。
 昨年の雪辱を晴らすため、1部昇格に燃えるバスケ部女子。気合いの違いを見せつけるかのごとく序盤から試合をリードする。ディフェンスでは厳しいチェックで同女大にシュートチャンスすら与えず、1Qの得点をわずか8点に抑え込む。ブロックショットを連発した高野(社3)はオフェンスでも活躍。粘りのあるインサイドプレーで続々と得点していく。序盤で体勢は決し、2Q以降も危なげのない展開で関学は勝利を収めた。
試合後のコメント
主将・井田(文4)「すごくいいスタートを切れた。ピリオドごとに流れが切れてしまったので、序盤の流れを最後まで維持できるようにしたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です