【陸上ホッケー部】 8得点快勝スタート

 8月15日、篠山西紀総合運動公園に於いて第34回西日本学生ホッケー選手権大会が行われた。終始優勢に立った関学は、奈良大を相手に得点を量産。終盤には普段のスタメン以外も起用する余裕の試合運びで、8―0の完封勝利で初戦を突破した。
試合後のコメント
主将・森下「もっと点を取りたかったので、この結果に満足はしていません。暑さで動きが鈍くなってはいたが、合宿で練習したセットプレーが使えて良かった」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です