【ハンドボール部男子】 最終戦、白星ならず

 5月19日、関大を相手に行われた関西学生ハンドボール春季リーグ最終戦。(於・グリーンアリーナ神戸)試合は関学のミスが目立ち、序盤から関大に大量リードを許してしまう。そして前半を12―20で折り返し、迎えた後半。流れを引き戻したい関学だったが、この日のチームにはいつものキレが見られない。速攻が決まらず、個人プレーに頼りがちになってしまっていた。結果、25―35で敗北。リーグ最終戦を白星で飾ることはできなかった。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です