【ハンドボール部男子】 僅差で敗れる

 5月12日に大経大を相手に行われた、関西学生ハンドボール春季リーグ戦(於・岸和田総合体育館)。関学は30―31という僅差で敗北した。関学は前半から試合の流れをつかみ、15―11で後半に折り返す。だが、その後半は大経大に追い上げを許してまう。最大で5点あった点差も、残り1分を切るころにはついに同点とされてしまい、関学は焦りからなかなかシュートを決められない。そしてディフェンスの一瞬の隙をつかれ、大経大がゴール。残り時間1秒で、関学は無念の逆転負けを喫した。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です